電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年4月2日号 No.2152号

2017年レビュー③ 集成材、NZ・チリ材、熱帯材

構造用集成材は内外産とも過去最高ー梱包材はチリ材や杉がシェア伸ばすー

集成材

前年比2桁増で過去最高、内外産でシェア拡大

国産小断面=杉集成管柱が躍進、Wウッドは価格主導権を奪われる

輸入小断面=入荷量は最高も輸入元の採算は悪化

国産中断面=需要堅調で値上げ進む、コスト高も購買力維持

輸入中断面=2年で供給3割増、輸入比率3割超す

大断面集成材=供給量は3年連続減、学校などの減少響く

中国の木材需要動向 過去最高の輸入実績に

NZ・チリ材

高騰する産地価格と伸び悩む販価に板挟み

チリ材=市場シェア向上と供給不足で慢性的に品薄

NZ国内挽き=NZの代替、杉シェア拡大

中国向け動向=中国、安定した需要に価格強記帳

産地企業動向=製材品需要のグローバル化が加速

熱帯材

熱帯材丸太=底堅い需要示す

熱帯材製品=集成フリー板微減もHC向け増える

<統計>米材需給、集成材入荷