電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.1911号

2012年商社レビュー

円高下で商機掴めず
多国間貿易で市場に活路

12年は、3年連続で新設住宅着工が増加し、資材需要も回復期にあったが、㌦・ユーロ安・円高が期を通じて輸入資材の単価を押し下げ、収益の上がらない一年になった。商社は、国内市場依存からの修正を始め、3国間貿易と呼ばれる多国間貿易に活路を見出す動きも出ている。

 特集では、住友林業、伊藤忠商事、双日、双日建材、住友商事、丸紅建材、阪和興業、物林、天龍木材、大陸貿易、日本製紙木材、王子木材緑化、ナイス、ジャパン建材、日成共益、瀬崎林業、西垣林業、ユアサ木材を取り上げた。