電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2047号

2016年展望㊦

収益の柱を模索
木材建材業界経営者に聞く

前回に続いて木材建材業界経営者に聞くインタビュー。

「駆け込み需要の影響、前回より小さい」LIXILジャパンカンパニー 白井春雄社長 「リフォーム商品拡充と顧客接点活用で販売増」パナソニック エコソリューションズ社 山田昌司副社長 「駆け込みあっても微増で93万戸」大建工業 億田正則社長 「山低く谷深し、着工は95~96万戸」永大産業 大道正人社長 「2×4工法の新設着工は12万戸超」津田産業 津田綾子取締役 「多様な付加価値で新たな需要を創造」ウイング 渡邊実社長 「ホーロー内装材発売、新市場開拓急ぐ」タカラスタンダード 渡辺岳夫社長 「新クリンレディの付加価値化に手応え」クリナップ 井上強一社長 「新規事業領域に資本投資」アイカ工業 小野勇治社長 「中・長期目線で、非住宅、建築外にも注力」フクビ化学工業 八木誠一郎社長 「まず制度整備、市場はそれから」銘建工業 中島浩一郎社長 「LVLで増産体制構築へ」キーテック 中西宏一社長 「時流に乗り需要獲得目指す」斎藤木材工業 斎藤廣社長 「CLTで非木造建築分野の開拓」山佐木材 佐々木幸久社長 「海外工場で完製品比率を引き上げる」南海プライウッド 丸山徹社長 「中国事業、日門ブランドの商材を開始」ニホンフラッシュ 庄野淳取締役 「駆け込み需要あるも若干増で推移」櫻井 櫻井昭三会長 「CLTでさらなる飛躍」中東 小坂勇治社長 「3S投入でシェア拡大目指す」タツミ 山口伸一郎社長 「地域ニーズと建築基準法を結ぶ存在に」カネシン 吉田孝志社長 「明るい状態続く見込み」ニチハ 山中龍夫社長 「価値で勝負する付加価値商品を拡充」ケイミュー 野浦高義社長 「新生マグの第一歩、メーカーの原点磨く」マグ・イゾベール フランシス・ショレー社長 「高性能品やリフォーム用で品ぞろえ強化」旭ファイバーグラス 狐塚章社長 「木工、工作、国内、海外の4商圏を意識」キクカワエンタープライズ 菊川厚社長 「高速製材ライン等を提案」大井製作所 田中秀幸社長 「4月から試運転」野田バイオパワーJP 大田直久社長 「グループ売上高100億円を目指す」丸和林業グループ 北岡幸一社長のインタビューを掲載した。