電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2111号

特集/クリーンウッド法

視界不良の船出に―違法伐採木材とどう向き合う―

5月20日施行も運用は秋頃か

趣旨と仕組み=民間需要作り、合法伐採木材の流通増やす

輸入=証明制度ない国はリスク評価分かれる可能性 

国産材・燃料材=国産材の合法性確認は団体認定でほぼカバー

流通・加工業者=合法材の取扱増やす意向     

住宅会社=合法利用は顧客の信用問題に

型枠=合法性担保に向けた取り組み強化      

梱包材=違法リスク低いNZ・チリ産ラジアタ松  

登録実施機関と手続き=法施行後の認定、登録受付は今秋の見込み

<統計>合板及び主要建材の供給推移