電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2122号

外材国内挽き製材㊦

大手も品質重視の姿勢強める
―国産材との併用で現状打破―

製品はムクから乾燥カ・集成化

中国木材=米松丸太年間消費量200万㎥維持

東亜林業=天然乾燥で小割含め増産、設備増強

マルホ=量産工場で品質にこだわる

オービス=NZと杉併用新工場、来年11月竣工

サイプレス・スナダヤ=米ヒバ製材は、KDから集成材に集約

鶴居産業=良材生産へ厳しい検品

渋谷木材販売=高品質丸太からの製材にこだわる

マルワ=長尺材製材で特長出す

黒川木材工業=豊富な在庫で多サイズ小口対応

向井工業=米松製材から国産材製材へ

四国/須崎地区=団地協組、4社で踏んばる

広島・島根/梱包材=立川林産、輸入製材や杉製材など多様化

広島/羽柄製材=米ツガ離れ、アカ松原板にシフト

九州/なかやしき=良材吟味し、米松再割

     前田産業=欧州モミで要望に対応