電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2123号

盆明け市況展望

住宅着工好調で資材需要は高水準
―品目で高まる不足感、安定供給が課題―

貸家、分譲住宅主導の製品荷動きに

住宅=貸家と分譲一戸建てが堅調

プレカット=大手は年内いっぱい好調を維持

構造用集成材・欧州材=秋以降は大幅なコスト高

内外産合板=内外産とも供給引き締まる

木質ボード=PB・MDF・OSBどれも品薄状態に

米材製材・丸太=冬場の大寒波で丸太、製品価格高止まり

2×4製材=北米産地市況に翻弄、500㌦超えもなお先高観

国産材製品=全国的に柱、土台が品薄、相場は強保合

国産材原木=豪雨被害地除き、全国的に出材順調

バイオマス関連=国産材は概ね需給均衡、建廃は余りぎみ

ロシア材=港頭在庫の早期調整が鍵

梱包材=仕入れ値と販価のギャップ広がる

南洋材=コスト上昇への対応が課題に

木質建材=ビルダー向け好調続く

非木質建材=秋需を前に需要に底堅さ

<6月の新設住宅着工>年間98万戸ペースで折り返し