電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2130号

自治体の木材利用の今

木造・内装木質化の流れが定着
―地域材限定がコストの重荷に―

中・大規模木造、地域の技術者不足が課題

47都道府県の公共分野木材利用一覧表

北海道=地域材利用推進方針策定で進む木造化

東北=福島の復興住宅でCLT2,000㎥

関東=目立つ施設で利用推進

上信越=県産材の住宅支援精度が定着

北陸=民間コミュニティ施設の構造・内装でも実績

中部=木質耐火部材や不燃処理材なども活用

関西=地域材の特徴生かす取り組み進む

四国=森林認証材の取得支援を強化

中国=大型施設では材工分離発注

九州=民間施設でCLTの採用増加

<8月の新設住宅着工>持ち家、貸家は3カ月連続で減少