電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2132号

国産材製材・加工材の輸出

多彩な品目で可能性探る
―アジア向け中心も欧米まで視野に―

国内需要漸減に備え製品出荷先の確保

国産材輸出の現状(製品、原木)=円安、中国経済安定で再び増加基調に

農林水産省=低質丸太中心から高付加価値木材製品促進へ

銘木輸出=海外展示会出展で掘り起こし

中部=東濃桧や天竜杉製品を輸出

中国=岡山から韓国、中国へ桧輸出

九州=熊本県は和室の輸出を支援

中東=近隣諸国の物件に集成材・CLTを供給

加賀木材=ベトナムで能登ヒバを高付加価値化

山崎屋木工製作所=国産芳香木の販路開拓に挑む

宮崎県=材工一体の輸出を支援

越井木材工業=中国でブランドを展開

向井工業=国産材製材強化、輸出も対応

池上木材工業=子供用ベッドなど桧製品を韓国へ

大利木材=徳島名産の藍染杉フローリング

棟匠=台湾で八溝材の木造住宅を建築

<決算>中国木材=増収増益で過去最高更新

<統計>合板及び主要建材の供給推移