電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2133号

日EU・EPA

関税撤廃で欧州材の競争力は高まるか
―自由化の波、国産材は試練―

戦後復興を支えた林産物貿易

貿易協定の推移=日米中心の多国間交渉からスタート、近年は多様な国家との個別協定へ

<日EUのEPA>

構造用集成材、SPFなど=日本に価格主導権なく、コストメリットは未知数

フローリング・壁材、造作用集成材=現行関税率は2.2~6%

合板、ボード=関税率低く、効果は限定的か

国産材への影響=構造材の国産材シェア拡大に暗雲

<10月の国産材産地市況>出材増えず強基調

<10月の外材産地相場>全体に供給タイト、コスト高続く

<統計>主要外材の需給推移