電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2147号

プレカットの生き残り戦略

地域ニーズへの対応力で勝つ
―中小工場は人材育成に尽力―

地場密着の利便性追及が中小生き残りの鍵

大型プレカットの戦略=生き残りを懸けて設備投資へ積極対応

茨城県西プレカット協同組合=販売店の利便性第一、賃加工を主軸に

市川屋=製材からプレカット加工の一貫体制

山北木材加工協同組合=丸太から建物まで一体化

あさひ木材=石川県産材の加工とパネルで工務店支援

都城地区プレカット事業協同組合=広域の部材配送体制を構築

大山プレカット協業組合=中大規模木造の取り込み狙う

京北プレカット=CAD要員の育成を強化

三重県木造住宅協同組合=人材強化で川下を支援

木材スーパーエンドー=豊富な材を取り扱い

北海道プレカットセンター=金物工法への対応数を増やす

<2月の国産材産地市況>降雪で原木不足の地域も

<2月の外材産地相場>中国向け需要が好調

<統計>合板及び主要建材の供給推移