電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年4月7日

木材

チリ産ラジアタ松製材品、供給のタイト感続く 

チリ産ラジアタ松製材品は輸出梱包需要が手堅く、市況には安定感がある。一方、チリからの日本向けの供給量は諸外国の引き合いが強いため、タイト感が残る。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版キャンペーンお申込み