電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年3月31日

行政

木造1時間耐火の柱・梁、床を告示化

木造の1時間耐火構造が、柱・梁、床について3月22日付で告示化された。これまで外壁、間仕切り壁は告示化されていたが、今回柱・梁、床の仕様が加わったことで、従来の大臣認定でなくても木造1時間耐火構造が可能になる。
 29日付けでは、CLTに、積層方向かつ強軸方向の層構成で3層3プライと3層4プライを追加。積層方向でかつ弱軸方向の層構成では5層5プライ、5層7プライを追加、基準強度を設定した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版キャンペーンお申込み

今月のピックアップ記事