電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年3月30日

木材

加古母森組・春の記念市 枝打ち桧に高値付く

加古母森林組合(岐阜県中津川市、内木篤志代表理事組合長)は春の記念市を開き、枝打ちされた桧ほか高齢級材に高値が付いた。桧は平均単価が1万6,000円(㎥)だったが、枝打ち材は平均単価3万2,600円、最高値は3㍍×20㌢径(10本)の4万8,800円(㎥)だった。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版キャンペーンお申込み