1月12日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[木材]九州木材工業、エコアコールウッドの加圧注入釜増設で生産力1.5倍 非住宅分野で国産材採用広がる
[プレカット]ウッドフレンズ、子会社プレカット加工を増強 岐阜工場南側に新工場
[住宅・建築]シネジック、非住宅向けビス出そろう 新規2商品投入、CLTにも対応
[木材]エフォン豊後大野・豊後大野発電所、木質バイオマス発電所が稼働 今後は廃熱供給の視野
[経営]アイカ工業、アイカSDKフェノールを吸収合併 双方の経営資源やノウハウを融合

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   17年1月1日付 新春特集「キーワード展望する2017年」 詳細


今後の特集予定

   17年2月 建材版「フリー板」

木材建材ウイクリー

平成28年/2016年12月19日  No.2093

2016年回顧㊦キーワードで振り返るこの1年

住宅、非住宅堅調で建築資材引き合う 燃料用需給は今後さらに増加

 今年の新設住宅着工戸数は好調に推移している。10月までで80万戸超えで、前年同期比7%近い増加幅になっている。プレカット工場などの声を聞くと、年末に向かって仕事量はやや鈍化しているが、通年の新設住宅着工戸数は90万戸台後半に乗せてきそうだ。
年初は需要不足で建築関連資材の荷動きに活気がなく、プレカット工場の稼働率も低迷していた。忙しくなったのは夏ごろからで、大手をはじめ中堅小手まで稼働率が上がり、秋以降はフル生産となった。ただし、今年の着工増加は貸家や戸建て分譲が中心のため、地方のプレカット工場には手応えの乏しさを指摘するところもある。
資材関連は品目によって不足感が強まり、針葉樹構造用合板や構造用集成材は1年を通じてタイトとなった。欧州材は年前半に供給面から不足感を引きずったが、後半はプレカット工場からの引き合いが増え、需要増加でタイト感が続いた。これに伴い、価格面も今年はしっかりした展開となった。
針葉樹合板はメーカーがフル生産で対応したが、秋田プライウッドの火災で厚物を中心に品不足に直面、5~6月ごろからは実需増加が不足に拍車を掛けた。好調な針葉樹合板を尻目に輸入南洋材合板はほぼ1年を通じて相場は軟調となったほか、供給量の落ち込みで内外産合板供給は21年ぶりとなる逆転現象が起こった。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

        2017年4月発刊
  地域産材活用ガイドブック
 都道府県単位での地域産材情報掲載 

        IMG_7613

先行予約受付中!
10部以上のまとめ買いには特別割引。
 日刊木材新聞は、2017年4月に「地域産材活用ガイドブック」を発刊します。全国各地で高まっている地域産材活用の声に応え、都道府県ごとの地域産材の生産・供給の状況を詳細調査してわかりやすい形で掲載します。B5判280㌻(予定)、定価5,000円(税、送料込み)。17年2月末までの先行お申込みの場合、1冊5,000円(同)のところ4,000円(同)で販売します。さらに、10部以上のまとめ買いには特別割引致します。


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

                 日刊木材_表紙

             2015年10月1日発行

 日刊木材新聞社は、創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。木材・建材、住宅関連業界を取り巻く環境は大きな変貌を遂げています。さらに大型木造建築物や木質バイオマス発電など新しい分野や市場も形成されています。木材・建材をはじめとする関連産業に携わる方々にとって、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができる書籍です。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページ。



    国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

        1428289075

         好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。


◆「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

好評発売中!日刊木材新聞で連載

◆今さら人には聞けない木のはなし
(独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。A5変型判、162ページ、定価1,620円(税込み)。

        1289544324





December 2 , 2016
◆Legal wood use promotion law
◆Minato Model steadily growing
◆Another earthquake off Fukushima
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会 オーストラリアサイプレス

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.