3月23日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[建材]キーテック、スカーフジョインターを追加導入 LVL生産能力、年間5万㎥に
[建材]日本CLT協会がセミナー、18年には世界のCLT生産100万㎥へ リブ付きCLTなど新たな開発も
[木材]佐藤林業ログ事業部、両面加熱処理内装材が好評 無塗装で杉、桧ムク材の光沢、木目、耐摩耗性など向上
[木材]日本木材防腐工業組合、前年並みの生産量維持 取り組み拡大で利用拡大に期待
[プレカット]木村木材工業、合板加工機を導入 平安コーポレーションの加工機
[建材]カネカ、カネライトフォーム全品種を値上げ 値上げ幅は現行価格の15%高
[木材]ハガ木材、ハイエンド市場狙いショールーム PEFC認証プロジェクト住宅で安心感
[行政]大津・南部地域木材供給協議会、木の地産地消で意見交換 びわ湖材利用を提言

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   17年1月1日付 新春特集「キーワードで展望する2017年」 詳細


今後の特集予定

  ■ 17年4月 構造用集成材、外壁材

  ■ 17年5月 断熱材、耐力面材

木材建材ウイクリー

平成29年/2017年03月27日  No.2104

2016年レビュー②合板、木質ボード

木質パネルは国産化進む 輸入合板、減少続く

 2016年の木質パネル(合板、木質ボード)供給量は879万5,762㎥(前年比3%増)で、前年に比べ約26万㎥増加した。16年増加分のほとんどが、前年より30万㎥超も増加した国産合板によるもの。国産合板は306万3,572㎥で07年以来9年ぶりに300万㎥を超え、針葉樹合板は289万7,218㎥で過去最高を記録した。
 16年は新設住宅着工戸数が96万7,237戸(同6.4%増)と、13年の98万戸に次ぐ高水準を記録。特に木造戸数は54万6,336戸(同8.3%増)で、13年の54万9,971戸(同13%増)とほぼ同等まで増加した。この影響で合板、木質ボードともに増加した。内外産合板としては前年比3.4%増、木質ボード全体も同2.3%増と微増。輸入合板は15年の前年比60万㎥減という最悪期は脱したものの、16年も前年比4%減(同11万5,000㎥減)の277万650㎥でこの20年間では最低を記録。木質ボードもPB、MDF、OSBいずれも増加はしたが微増。こちらは現在の供給能力を上回る需要環境が続いているためだ。
 16年は国産合板の輸出が9万3,594㎥(同17.1%増)と、前年より5万㎥も増加した。輸出のほとんどが構造用合板と見られ、この約9万㎥を差し引いても、13~15年の平均約243万㎥から16年は約30万㎥も増加している。
 国産パネルは495万8,058㎥(同7%増)で、輸入パネルは383万7,704㎥(同2%減)となり、その比率は56.4対43.6。国産パネルは前年比で32万4,665㎥も増加した。国産合板のほか、MDFが2万2,000㎥増、PBも約2万㎥増加した。10年以降、国産パネルは400万㎥台を堅持しているが、そのなかでも最高の数字となった。
 国産木質ボードも10~12年の170万㎥台に対し、13~16年は180万㎥台と、高水準を維持している。何より国産合板が07年以来9年ぶりに300万㎥台を回復したことが、国産パネル増加の最大要因だ。
 対して輸入パネルは383万7,704㎥(同2%減)で約8万㎥減り、13年をピークに3年連続の減少。やはり3年連続で減少した輸入合板が、16年も前年比で11万5,000㎥減ったことが大きい。輸入MDFは7,500㎥増、PBが2万7,000㎥(うちOSBが約2万㎥)増えている。 
 輸入合板は型枠類を中心に市場環境が振るわず、16年8~9月ごろにようやく需給調整で相場を反発させた。それでも需要が盛り上がりだしたわけでもないため、引き続き低水準の入荷に抑えざるを得ない状況だ。そのためマレーシア産が1996年に100万㎥を超えて以来、最低の入荷量を2年連続で更新した。インドネシア産も15年よりは回復した。木質パネルの昨年の状況を振り返った。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

        2017年4月発刊
  地域産材活用ガイドブック
 都道府県単位での地域産材情報掲載 

        IMG_7613

先行予約受付中!
10部以上のまとめ買いには特別割引。
 日刊木材新聞は、2017年4月に「地域産材活用ガイドブック」を発刊します。全国各地で高まっている地域産材活用の声に応え、都道府県ごとの地域産材の生産・供給の状況を詳細調査してわかりやすい形で掲載します。B5判280㌻(予定)、定価5,000円(税、送料込み)。17年2月末までの先行お申込みの場合、1冊5,000円(同)のところ4,000円(同)で販売します。さらに、10部以上のまとめ買いには特別割引致します。


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

                 日刊木材_表紙

             2015年10月1日発行

 日刊木材新聞社は、創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。木材・建材、住宅関連業界を取り巻く環境は大きな変貌を遂げています。さらに大型木造建築物や木質バイオマス発電など新しい分野や市場も形成されています。木材・建材をはじめとする関連産業に携わる方々にとって、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができる書籍です。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページ。



    国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

        1428289075

         好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。


◆「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

好評発売中!日刊木材新聞で連載

◆今さら人には聞けない木のはなし
(独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。A5変型判、162ページ、定価1,620円(税込み)。

        1289544324





March 24 , 2017
◆Two hours' fire proof authorization on wooden house
◆New softwood plywood mill to be built
◆March precutting orders
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会 オーストラリアサイプレス

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.