4月20日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[住宅・建築]ダントータイル、マンション大規模改修に参入 ツヅキとの包括的業務提携生かす
[木材]欧州産ラミナ第2・四半期、5~10ユーロ高も、ばらつき大きく 円高だが、コスト高も
[住宅・建築]増木工業、農園付き分譲住宅立ち上げ 定期借地権活用、木造ドミノ平屋住宅
[住宅・建築]木耐協、地域防災ステーションプロジェクト開始 全国の会員組合1300社が防災拠点に
[経営]岡部、「安全・安心通じ社会に貢献」 100周年記念祝賀会
[建材]日鐵住金建材、「スーパーフロールボンド」の薬品耐性を確認 屋内プールなど内装材需要開拓も
[行政]名古屋市、木造住宅の耐震化支援を拡充 1階の先行補強で倒壊防止
[住宅・建築]茨城県稲敷市、準耐火木造で地区センター建設 10・92㍍スパンをボルトラスで
[住宅・建築]ミサワホーム、120㍉厚の木質壁パネルを開発 大開口でZEH上回る断熱性能
[木材]ウッドピア市売協、大径材に高値 売上高、前年市大幅に上回る

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   17年1月1日付 新春特集「キーワードで展望する2017年」 詳細


今後の特集予定

  ■ 17年4月 構造用集成材、外壁材

  ■ 17年5月 断熱材、耐力面材

木材建材ウイクリー

平成29年/2017年04月17日  No.2107

2016年レビュー⑤商社

資材需要堅調で輸入材など確保 ―単板、バイオマスも取り込む―

合板、欧州材で安定輸入
住友林業=合板は内外産で明暗、輸入合板の低迷続く
伊藤忠商事、伊藤忠建材=米材丸太や欧州製材で増加目立つ
双日、双日建材=ロシア輸入単板販売が軌道に乗る
住友商事=輸入木質ペレット取扱量が大幅増
SMB建材=売上高はほぼ横ばい
阪和興業=売上高は過去最高、欧州材はシェア首位を維持
三井物産=安定した供給体制を維持
物林=米松並材が減少、広葉樹、欧州材を強化
日本製紙木材=輸入木材微減も国産材、燃料チップ伸びる
王子木材緑化=バイオマス事業を含めた国産材分野が増収をけん引
トーヨーマテリア=木材、合板とも売上高上昇
瀬崎林業=丸太はじめ製品も杉取り扱い強化へ
ナイス=国産材取り扱い増える
ジャパン建材=エコ樹種の取り扱い強化
丸美産業=輸出入いずれも取扱品目多様化
ユアサ木材=南洋材の取り扱いは前年並み
<4月の新設住宅着工>8カ月ぶりの減少

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

        2017年4月発刊
  地域産材活用ガイドブック
 都道府県単位での地域産材情報掲載 
       
     表1画像データ

好評発売中!
地域産材を使用した建築事例紹介
 日刊木材新聞は、2017年4月に「地域産材活用ガイドブック」を発刊しました。全国各地で高まっている地域産材活用の声に応え、都道府県ごとの地域産材の生産・供給の状況を詳細調査してわかりやすい形で掲載しています。主な内容は、地域産材活用のポイントや注意点の解説、地域産材を使用した注目度の高い建築事例を紹介しているほか、建築で使われる主な樹種の解説、都道府県の地域産材の生産、加工、供給者関連データなども収録しています。B5判304㌻(予定)、定価5,000円(税、送料込み)。


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

                 日刊木材_表紙

             2015年10月1日発行

 日刊木材新聞社は、創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。木材・建材、住宅関連業界を取り巻く環境は大きな変貌を遂げています。さらに大型木造建築物や木質バイオマス発電など新しい分野や市場も形成されています。木材・建材をはじめとする関連産業に携わる方々にとって、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができる書籍です。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページ。



    国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

        1428289075

         好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。


◆「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

好評発売中!日刊木材新聞で連載

◆今さら人には聞けない木のはなし
(独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。A5変型判、162ページ、定価1,620円(税込み)。

        1289544324





April 7 , 2017
◆Questions and answers to the Clean Wood law
◆Aizacc tackles with log export
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.