5月26日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[行政]国交省、防・耐火関係仕様を追加 CLTなど燃えしろ設計盛り込んだ内容に
[住宅・建築]ダイテック、クラウドコンピューティングサービス開始 モバイル端末の活用も
[住宅・建築]ミヤガワ、CLT用四角穴付きタッピンねじ開発 250、280㍉の長尺サイズの製造も可能
[住宅・建築]英国の大手保険会社、CLT活用が前提の大型プレハブ住宅工場建設 年間数千戸の集合住宅などを供給
[木材]親和木材工業、木材使用の空気浄化装置 木製フィルターで浄化
[住宅・建築]インテグラル、ホームズ君「省エネ診断」に新機能 ZEH適合判定機能追加し発売
[木材]岩手県遠野市、バイオマスの高効率利用で実証事業 バーク、チップで多段階の熱利用を推進
[木材]前川林業・春の木まつり大展即、厳しい環境も3億円近い売り上げ 2日目売りが伸びる
[木材]熊本木材八代支店、地震後、製品荷動き回復せず 原木集荷への影響は少ない
[木材]四国地区木材市場連盟、定期総会で市況報告会 原木・製品価格の低迷を危惧

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   16年4月 EW特集①構造用集成材特集 詳細


今後の特集予定

   16年5月 EW特集②耐力面材、断熱材特集  

   16年6月 EW特集③MSR、トラス プレカット特集

   16年7月 木材乾燥機・林業機械特集 木造建築新時代カラー版 森林認証材特集

木材建材ウイクリー

平成28年/2016年05月09日  No.2062

国産材製材大型工場㊤

単一量産工場から脱皮 丸太フル活用で事業領域拡大

 近年、大型化が進む国産材製材工場を東日本編と西日本編の2回に分けて掲載する。東日本の国産材製材は北関東、南東北であれば構造材(柱や間柱、土台)、北東北なら羽柄材や集成材、北海道では梱包材や羽柄材と地域の資源事情(樹種や材質)に合った品目で量産化を実現してきた。特定品目の量産は生産性向上と競争力強化に大いに寄与し、とりわけ柱、間柱、土台部位の国産材シェア拡大に貢献してきた。だが、偏った丸太確保が丸太需給をいびつにする弊害や、製材(ムク材)によるシェア拡大への限界論も指摘されるなか、新たな成長戦略としてA材だけでなく、B、C材まで原料に取り込み、ラミナや燃料チップとして活用する動きが広がっている。
 安価に調達できるB材は集成材ラミナやホームセンター向けの短尺材に最適で、どちらも今後の伸びが期待される。燃料チップも含めて製材工場がC、D材まで一括して受け入れられれば、A材の安定調達、製材のさらなる競争力強化も期待できる。国産材製材は集成材、燃料チップの生産を足掛かりに、丸太の総合利用(資源のフル活用)という新たな局面を切り開こうとしている。
 協和木材(東京都)とトーセン(栃木県矢板市)は製材から集成材、燃料チップ、ウッティかわい(岩手県宮古市)は集成材から製材、燃料チップへと進出することで、丸太の総合利用と事業拡大を進めてきた。ラミナを含む製材用の丸太消費量はいずれも年間30万㎥。トーセン、かわいは自社で発電事業も手掛け、どちらも年間9万~10万㌧の燃料チップを消費している。トーセンはあくまで製材、かわいは集成材の生産を第一に置いている点で異なるが、丸太をフル活用する姿勢は変わらない。
 協和木材も発電事業までは手掛けていないが、C、D材まで受け入れて燃料チップを生産している。素材生産から製材、ラミナ製材を手掛ける門脇木材(秋田県仙北市)も自走式チッパーを導入して未利用材チップの生産を開始した。羽柄材製材の庄司製材所(山形県真室川町)も今年チップ工場を建設し、未利用材チップの生産に乗り出す。
 製材とバイオマス、チップなどを含めた総合的な素材活用戦略が製材工場の競争力に影響をしてきそうだ。
 東日本編ではこのほかにサトウ、双日北海道与志本、オムニス林産、木村産業、遠藤林業、山大、二宮木材、ソヤノウッドパーク、ウッドリンクの取り組みも掲載した。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

          日刊木材_表紙

        2015年10月1日発行

 日刊木材新聞社は、創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。木材・建材、住宅関連業界を取り巻く環境は大きな変貌を遂げています。さらに大型木造建築物や木質バイオマス発電など新しい分野や市場も形成されています。木材・建材をはじめとする関連産業に携わる方々にとって、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができる書籍です。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページ。

 

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

100615book
詳細はこちら



May 27 , 2016
◆Parliamentary Association on CLT started
◆May precutting orders
◆Sumitomo Forestry's management plan
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.