6月22日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[プレカット]好・不調に落差、競争の激化象徴 -15年本紙プレカットランキング- 営業強化、非住宅対応拡充で生き残り図る
[行政]復旧事業円滑化官民ネットワーク設置 -国土交通省九州地方整備局- 熊本地震復興に向け建設資材、人手の情報把握や支援
[プレカット]新型羽柄材加工機を増設 -マツシマ林工- 開口部の梱包時間を大幅圧縮
[住宅・建築]初期段階でパッシブ設計、「日当たりナビ」開発 -インテグラル- 前真之東大准教授と共同で
[住宅・建築]地元の杉材で300坪の大型木造店舗 - 農家の店みのり- 150㍉角の一般材で大空間を実現
[プレカット]プレカットCADオペレーターの育成重視 -全国木造住宅機械プレカット協会- 合法木材供給促進事業の推進も
[建材]民谷浩二氏が新会長に -木製サッシ工業会- 省エネ義務化に向けた対応を
[木材]昨年実績を8%上回る好成績に -岐阜銘協・岐阜銘青会特別市- ケヤキ、トチ良材中心に買い進む
[住宅・建築]青山スパイラルガーデンでクール・リビング事業発表 -清水英雄事務所- ひらいが戸建て分譲の新ブランド提案
[木材]模様眺め気分先行 -仙台木材市場- 並角KD材に買い気
[木材]東九州木材市場・決算特別市 梅雨明けの荷動き回復に期待

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   16年5月 断熱材特集 詳細


今後の特集予定

   16年6月 EW特集③MSR、トラス プレカット特集

   16年7月 木材乾燥機・林業機械特集 木造建築新時代カラー版 森林認証材特集

   16年8月 EW特集④LVL,CLT、Iビーム  CADソフト特集

木材建材ウイクリー

平成28年/2016年06月06日  No.2066

素材供給者の燃料用事業

バイオマス需要増加で商機 素材供給ととも付加価値追求

 FIT施行前でも未利用材(林地残材)の活用に取り組む動きは一部に見られたが、補助金(直接及び設備補助など間接含む)が投入されない限り素材生産コストをカバーすることは難しかったのが現実だ。このため間伐で出る細材や曲がり材はよほど搬出に都合が良い林地以外、ほぼ森林内に伐り捨てられていたが、FITでこの資源に注目が集まった。
 未利用材は証明書があればkWh当たり32円(小規模は40円)で電力買い取り対象になり、先行したバイオマス発電所近くの森林は極端に言えば伐り捨て間伐がなくなり、発電所稼働前後で森林内の景色が様変わりしている。国内では順次計画していた発電所が稼働しており、未利用材需要も連動して増加した。九州など稼働済み発電所が多い地域では未利用材の供給量が追い付かない状況さえ生んでおり、こういった需要純増に対して各事業者、各地域で新たな投資や取り組みを加速している。
例えば素材生産業者は新規投資で高性能林業機械を導入し、生産効率そのものを引き上げるほか、移動式チッパーを購入し、これまで搬出できなかったドンコロや枝葉等まで資源化している。もちろん山土場にチッパーを入れるスペースが確保しづらい場合もある。大型トラックが入るような林道が整備済みで、麓のチップ工場まで輸送してチップ化した方が低コストの場合もあるが、こういった取り組みは供給者が資源(未利用)に歩み寄る、いわば能動的な活動で集荷・供給に励む動きにもなっている。
 一方で、土場を整備して素材生産者や森林組合等が資源を持ち込むような動きもある。素材供給側にすると、従来はロットが小さくて採算面と手間を考えると敬遠したが、中間土場のような持ち込みスペースを整備(検量や重機等含む)して資源が集まる場所を設けることで流通に乗りづらかった未利用材を集める取り組みも出ている。
 各地での取り組みとして、丸和林業グループ、徳信、南富良野町森林組合、イワクラ、堀川林業、那須町森林組合、北日本索道、温海町森林組合、宮澤木材産業、正垣木材、コウエイ、今治加工、邑智郡森林組合、飯森木材、南栄、大分県北部流域林業推進協議会、伊万里木材市場、佐伯広域森林組合などを紹介した。

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

          日刊木材_表紙

        2015年10月1日発行

 日刊木材新聞社は、創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。木材・建材、住宅関連業界を取り巻く環境は大きな変貌を遂げています。さらに大型木造建築物や木質バイオマス発電など新しい分野や市場も形成されています。木材・建材をはじめとする関連産業に携わる方々にとって、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができる書籍です。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページ。

 

国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

kokusanzai-meikan

好評発売中

 国産材に関する関心が高まっているなかで国産材に関わる事業者を軸にその利用実態を浮き彫りにするものとして鋭意製作。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査、その内容を余すことなく掲載しました。定価1万5,000円(税、送料込み)です。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。

「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

 好評発売中!日刊木材新聞で連載

 ◆今さら人には聞けない木のはなし
 (独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
  連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。

100615book
詳細はこちら



June 10 , 2016
◆Forestry White Paper
◆Revision of Forestry law
◆Mutual appoval by SGEC and PEFC agreed
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.