11月15日の新聞記事   カテゴリからニュースを検索
 
[木材]製品好調、出材減で騰勢強まる -九州の国産材原木相場- 杉桁1万7000円、桧土台2万円に
[木材]木材需要拡大へ林業・木材共同宣言 -全国木材産業振興大会- 800人が集まり新たに決意
[木材]北部木材センター竣工 -山口県森連- 燃料1万㌧と用材を供給
[住宅・建築]ふたば災害復興支援事務所が竣工 CLT使ったユニット工法採用
[建材]業界初の塗膜30年保証実現へ -ニチハ- 窯業系サイディングとしては業界初
[建材]「イクボス宣言」を実施 -大建工業- 管理職の意識改革促す
[建材]日台韓合板産業の代表者が集まる -日台韓合板産業懇談会- 情報交換の推進などで一致
[木材]需要期で桧柱適材原木高騰 -10月の大阪商況- 居所は1万9000円~2万円
[木材]杉300年生丸太がせり上がる -福島県木連、平木材市場・福島県優良木材展示会- 長雨のなか優良材そろえる

バックナンバー

旧サイト記事はこちらから

新聞の特集

   17年10月 日本木工機械展特集 詳細

 

  今後の特集予定

  11月3日 「合板の日特集」

 ■ 11月10日 「ジャパンホームショー特集」

  11月14日 「林業機械特集」

  11月23日 「木造建築新時代(公共建築)」

 ■ 1月1日~1月17日「2018新春特集」

 

 



木材建材ウイクリー

平成29年/2017年11月13日  No.2135

シェア伸ばせるか国産材製品

量産設備と新商品開発で好機つかめ ―外材を代替し信頼獲得へ―

国産材製材、15年間でKD化と集成材化進む
中国木材=杉集成管柱、認知されだす
協和木材=杉集成管柱増産、管柱の国産材比率上昇目指す
トーセン=母船式木流システムで品質、量、価格の安定
庄司製材所=年間原木消費量8万㎥に
ファーストプライウッド=羽柄材を杉LVLで市場創造
ようてい森林組合=樹種の強度を訴え外材の代替狙う
持永木材=供給力などが市場拡大への課題
院庄林業=保証付桧土台iDos7.8を拡販
佐藤製材所=顧客との安定的な関係構築を
八幡浜官材協同組合=供給や価格の安定に力を入れる
サイプレス・スナダヤ=KD土台は、米ヒバから国産桧に移行
ウッティかわい=カラ松集成土台、杉集成管柱などで市場開拓
山長商店=化粧材として良質の紀州材拡販
マルホン=多様化するニーズに応える国産材
日東フローリング=高硬度桧フローリングに光触媒追加
オービス=需要に応じて杉材を生産
日進ランバー=価格、供給安定性で杉に移行
遠藤林業=土木・造園分野で多品目ワンストップ供給
九州木材工業=他素材を木材、国産材に転換
<9月の新設住宅着工>前年比3カ月連続の減少

バックナンバー

  日本木材新聞社からのお知らせ

                    2018年4月発刊
                   待望の最新版 
             全国プレカット名鑑

 発刊時期を2018年1月とさせていただいておりましたが、2012年版を刷新し、より詳細かつ精度の高いデータ集計を行った結果、編集作業に遅れが生じ、やむなく発刊は2018年4月に変更せざるを得なくなりました。皆様に大変ご迷惑をかけますこと、心よりお詫び申し上げます。
 定価1万5,000円(税、送料込、B5判、660ページ予定、全工場住所録を搭載したCD付)が1万2,000円(同)となるお得な先行予約についても、期限を2017年11月から2018年1月まで延期いたします。

        2017年4月発刊
  地域産材活用ガイドブック
 都道府県単位での地域産材情報掲載 
       
     表1画像データ

好評発売中!
地域産材を使用した建築事例紹介
 2017年4月発刊の最新刊書。全国各地で高まっている地域産材活用の声に応え、都道府県ごとの地域産材の生産・供給の状況を詳細調査し、わかりやすい形で掲載しています。地域産材活用のポイント・注意点の解説、地域産材を使用した注目度の高い建築事例の紹介、建築で使われる木材の主要樹種の解説、都道府県の地域産材の生産、加工、供給者関連データなどを収録。B5判304㌻、定価5,000円(税、送料込み)。


  木材・建材用語辞典

木材・建材関連業界の用語を分かりやすく解説

                 日刊木材_表紙

             2015年10月1日発行

 創刊70年を記念して木材・建材関連業界の用語解説集「木材・建材用語辞典」を発行しました。専門用語をわかりやすく解説し、日刊木材新聞をさらに深く読み解くことができるようにしました。バイオマスなど新分野も網羅。定価1,630円(税、送料込み)、B6判変型160ページのハンディタイプ。新規の新聞購読者には1冊プレゼントのサービスも実施中。



    国産材名鑑

国産材の現状と関連企業の動向を徹底調査

        1428289075

         好評発売中

 国産材に関わるすべての情報を1冊に収めた総花的情報図書。国産材に関わる山林所有者、素材生産者、素材流通、製材、集成材、合板・木質ボード、木質建材、木材保存・不燃処理、製品流通、チップ、木質バイオマス、ペレット、住宅会社・ビルダー、機械・設備メーカーなどの主要企業などの動向を徹底調査しました。定価1万5,000円(税、送料込み)。体裁:B5判、862ページ、口絵カラー、本文モノクロ。


◆「木材建材ウイクリー」2000号

 木材建材ウイクリーは1974年1月14日付で「米材ウイクリー」として創刊され、2015年1月19日号が通算2000号になりました。2000号では、41年間の中から選定した33特集を当時の記事のまま紹介するほか、その特集の解説記事も掲載しました。定期購読者以外にも特別号として1部5,000円(税・送料込み)で配布いたします。

詳細は info@n-mokuzai.com

好評発売中!日刊木材新聞で連載

◆今さら人には聞けない木のはなし
(独)森林総合研究所研究コーディネータ 林 知行著
 日刊木材新聞で50回にわたり連載された「今さら人には聞けない木のはなし」。
連載中から「わかりやすい」「目からウロコ…」と反響が多数寄せられ、今回、一冊の本にまとめました。 専門的な内容を誰にでも分かりやすく説明しています。A5変型判、162ページ、定価1,620円(税込み)。

        1289544324





October 6 , 2017
◆Tight supply of South Sea plywood
◆Wood demand in 2016
◆September precutting orders
etc.
バックナンバー

日本木材青壮年団体連合会

 
Copyright(c) Japan Forest Products Jounal co.,ltd All rights reserved.